せどり

ここでは、「せどり」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今、家に帰ってきました、それではさっきのつづきを書きます。
先ほどの記事で古本屋を回る順番を
バンドスコア→音楽雑誌→映画のパンフなど→アイドル写真集→ビジネス本など→100円コーナー→CD・DVD
と書きましたが一応理由があります。

なぜこの順番か

自分がバンドをやっているため、知識のまったくない人よりは知識があるという理由です。
簡単な理由なのですがけっこう大事な事だと思います。
好きなコーナーなので探している時も楽しいですし、知識のまったくない人より売れる物、売れない物が見分けやすいです。
探している時に自分の探していた本などもよく見つかるので一石二鳥にもなります。
自分はこのように得意な分野から攻めて行きます。

自分は音楽関係からですがこれから始める方は自分の得意な分野を考えて、そのコーナーから見て行けばいいと思います。

人より少しだけ知識があるだけで、それはすごい強みになります。

ここからは自分が回る順番でどのような物を探すか、重視する事を簡単に書きます。


バンドスコア狙い目

まず自分が店にはいって直行する、バンドスコアコーナーでは
テクニック重視のバンドのバンドスコアや写真集みたいに写真が多く入っている物が狙い目です。

バンドスコアはかなりおいしいアイテムです。
ブックオフなどではほとんど1000円前後で売っているのですが、転売すると10000円以上になるアイテムも結構あります。
管理人もこの1ヶ月で10000円以上で売れるスコアを3つほどゲットしています。
不思議な事に高く売れるのに少し探すだけでけっこう見つかります!!

バンドスコアが高く売れるというのは、ピンとこない方が多いと思います。

参考までにこちらをみてください
      ↓
バンドスコアの過去30日の落札相場

けっこうすごくないですか?
かなりおすすめのアイテムです。


音楽雑誌の狙い目

次に音楽雑誌の狙い目は人気のある人が表紙になっていたり、特集、インタビューがあったりする物です。
特に狙いたい物は今人気のアーティストの人気のない頃の写真やインタビューがのっているもの、音楽雑誌は一つの店舗にかなりの数ががあるのでその分お宝も眠ってやすいです。
一つ例をあげますとrockin on japanなども狙い目ですよ!
J-popなどが詳しい方はおすすめです。

また長くなりそうなので続きはまた明日にします。
明日は映画パンフ、写真集などの狙い目アイテムを書いていきます。
それではおやすみなさい~
こんばんは~。
今日は管理人BAKUの古本屋での売れる本、CDの探し方を書きたいと思います!

管理人の古本屋の回り方

ブックオフなど大きい古本屋だとかなりの本の数で初心者の方はどこから本を探していいか分からないと思います。

そこで自分は、大体順番をきめて回ります。
バンドスコア→音楽雑誌→映画のパンフなど→アイドル写真集→ビジネス本など→100円コーナー→CD・DVDの順番で回る事がおおいです。
店の作りによっては順番を変えることもありますが、大体決めておくと広いお店に行ってもスムーズに動けると思います。

この順番は自分の探しやすい順番で決めていいと思います、慣れてくるといつの間にかまわる順番が固定されてくると思います。


一つの店舗にかける時間は30分ぐらいです、せどりをはじめた当初は1時間以上本を探していたのですが、30分ぐらいで十分回れるようになります。

たまに同業者にあう事がありますがその場合は同じ場所ではなく違うコーナーから見てください、いい本が根こそぎとられている場合があるので、他のコーナーを探した方ががいいでしょう。
他のコーナーを見てから、同業者がいなくなってからそのコーナーに戻ってください、取りこぼしをしている人もかなりあります。

その他、なぜ自分がこの順番かは今日2回目の更新で書きたいと思います!
それでは今から外食しに行ってきます!



今日は時間があるので2度目の更新です!
今回はヤフオクに絞って、管理人が経験から考える良い出品方法を書いていきます!

ヤフオク出品方法、テクニック

ヤフオクの登録方法はyahooのサイトを見てもらうとここで書かなくていいぐらいに詳しく書いてありますのでこちらを見てください。
こちらに出品方法などものっているのでここでは省略します。


では管理人が思ういい出品方法を書いていきます。


始めにカテゴリーを決めます、カテゴリーはオークファンなどで過去に落札されている同じ物をみて同じカテゴリーでだせば問題ないと思います。


まず商品の画像を準備します、ヤフオクでは3枚の画像を掲載すること出来ます(出品テクで文章中にもっと画像をのせるテクもあるのですが自分はあまり使わないので後々紹介します)
ここで大事なのがその3枚の画像で出来るだけ商品をよく見せることです!


そのための前準備として画像をとる前に商品を奇麗にしておくのは不可欠です、古本などは本に直接値段のシールが張ってあったりします、なので100円ショップなどで売っているシールはがしなどで奇麗にしておく必要があります。


奇麗にした上で画像をとります、書籍やCDの場合、普通にとると光の反射で商品がうまくとれません、なので管理人が使っているのがスキャナーです、スキャナーで直接PCに取り込め奇麗な画像になります。
その他、商品にダメージがある場合はそこはしっかりと見せた方がいいでしょう、見せない方が売れますが、後々トラブルになるとよけいな手間がかかってしまいます。


[出品テク]の続きを読む
ただいま仕事から帰ってきたヘルパー管理人BAKUです。
今日は昨日言ったとおり、せどりするために簡単に相場を調べられるサイトを紹介していきたいと思います。


手軽に相場をチェックできるサイト


ネットオークション一括落札相場統計検索サイト「オークファン」
  
オークファンというサイトです、ヤフオク、モバオク、楽天オークション、ビッダーズ、eBay、amazonの商品がまとめて検索でき、過去の落札価格も検索出来ます。
携帯でも使う事ができお手軽です。
登録は無料でできます、無料版だと過去1年分の相場を検索でします。
他の機能としてオークション入札予約、簡単出品機能、出品テンプレート、オークションノウハウ、話題のキーワードなどオークション情報が準備されています。
また月額498円でプレミアム会員になることができ、使える機能も増えるのでおすすめです。
転売以外、買い物する時なども有効に使えるサイトです。



ぱぱらっち2

ぱぱらっち2というアマゾンの相場を検索するサイトです、検索バーに本の後ろにあるISBN番号10桁(例ISBN◯-◯◯-◯◯◯◯◯◯-◯)をハイフンを抜いて、打ち込んで検索をかけるだけで携帯でアマゾンの相場を調べることが出来ます。
ちなみにCDなどの相場も調べる事が出来ます!
こちらも手軽に使えるサイトです。


管理人はオークファンを多く使っています、他にも相場を調べるサイトもあるのですが、この二つが使えれば問題ないと思います。
店頭で気になる本があればその場で相場を調べて、転売できるものだけ買えば失敗する心配もありません。
始めにこのようにコツコツやっておくと、売れる物もなんとなくわかってくるのでトレ-ニングの意味でも使っておきましょう。
古本屋などで真剣に携帯をいじっている人がいたらこのようなサイトで相場をチェックしている可能性が高いかもです!

これからしばらく軌道に乗るまで、1日2回更新目指します、よろしくです~!!!
アクセス伸ばすため悪戦苦闘中のBAKUです。
今日から経験をまぜつつ在宅副業の紹介、やり方などを書きたいと思います。

はじめに自分も頻繁に行っているせどりの方法を何日かにわけて紹介したいと思います。
あくまで初心者の為のブログにしたいので初歩的な事から書いていきたいと思います。

Q&A方式で

まずせどりとは?
・本、CDなどを古書店から安く購入し、アマゾン、オークション、フリマなどで転売する行為です。

どのような場所で商品を探せばよい?
・大手の古本屋(ブックオフ)などです。フリマ、バザーなども使えると思います。
・最近はインターネット上でさがすのもかなり効果的です。

大手古本屋で買って、転売で儲ける事はできるの?
・やった事のない人には疑問に思うかもしれませんが、大手の古本屋の価格はかなり適当で す。
 100円コーナーで売っている物が1000円以上で売れる事もかなりあります。
 逆に高く売っているものが世の中ではそこまで価値のない物もあります。
 うまく見分ければ十分稼げます。

商品はどこで売ればいいの?
・ヤフオク、モバオク、楽天オークション、ビッダーズ、amazonなどのオークションサイ トなどでで 売るのが有効だとおもいます。
・登録方法は各サイトに詳しくのっていますので省略します、もしどうしても分からない人 がいましたらコメントやメールフォームから連絡いただければ説明します。
 オークションのコツなどは近いうちに書きたいと思います!
相場などまったくわからないので損をしそうなのですが?
・相場がわからなくても、携帯やパソコンで簡単に相場を調べる事が出来ます。

今回はこの辺で次回はせどりに有効な相場を調べるツールなど紹介します。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット
[PR]裏のアルバイト